波浪日報

出張最後の日


ずっと雨


お役所って・・


ギャラリー撮影のため下山


撮影日和


 晴れるのは今日だけという予報なので、本日は撮影。



 何気に、お嬢様が約1匹、手伝ってくれているような、いないような・・。



 屋外での撮影は自然光でホワイトバランスに悩まなくていいし、シャッタースピードも速く設定できるので、私のような手ブレ多発のヘボカメラマンにはとても有利。 
2006年05月22日(月) No.363 (雑記)
Comment(0)

バラ色の噴煙


 土曜日から一泊でびー子がやってきた。
 今回は手伝ってもらう仕事もないので、親の仕事に便乗した湯治の旅だ。

 ところが、土曜日の午後、迎えに行く時間がちょうど土砂降りの雷雨だった。
 山道は激しい雨でまるで滝の中を走っているよう。
 対向車線を走ってきたバイクがコーナーでスリップして転倒。
 目の前だったので心臓が口から飛び出そうだった。
 ギリギリだったがさいわい衝突はせず、ライダーも起き上がって大事はなかったようだったので一安心。

 その後も土砂が道に流されている箇所があったり、木が倒れて片道がふさがってしまった箇所があったりで、約束の時間には駅にたどり着けなかった。

 しかし、待っているはずのびー子は、何と、大胆にも新幹線で寝過ごして一駅先から引き返すというおマヌケなことをしていたので、結果オーライ(爆)ちょうどいい時間に落ち合えたのだった。

 そして、日曜日は天気にも恵まれ、新緑の中をドライブしてお楽しみの草津温泉へ。
 休日料金の高さには目の玉がびよよ〜〜んと飛び出てしまったが、プールと温泉でまったりして、びー子はお肌ツルツルピカピカ、鼻の頭にアンパンマンのような照りが・・・(若いって素晴らしい!)

 ううぅ〜、大学には行きたいけど、帰りたくないよ〜〜、と矛盾したボヤキを繰り返しながら帰っていった。

 

 びー子を送って行った時の浅間山。
 夕日に照らされて噴煙がバラ色に染まっていた。
2006年05月21日(日) No.359 (雑記)
Comment(0)

山に戻る


那須へ


一時下山


新緑の山へ


プランタン銀座


連休中唯一の外出


冷し中華はじめました