波浪日報

トンボの湯


秋の空


浅間山にかかる雲


仕事漬け


切った貼ったの山ごもり


中秋の名月


秋の行楽日和


歓迎(?)の儀式


※今回、かなり気持ちの悪い表現がありますので、ネズミが嫌いな方、ワイルドな猫さんに免疫のない方はご注意ください。

・・・・

 一夜明けて、本格的に仕事の引継ぎをする。
 またしても予想以上の仕事量が・・・。(汗)

 自分の仕事も抱えてきているのだが、こちらの仕事の方が優先順位が高そうなので、結局、こなさなければならない仕事量が2.5倍ぐらいになったという感じ。

 大丈夫か、オレ。

 午後、ぎりぎりの時間に上司夫妻が出発。
 残されたのは4匹の猫さんとオレ一人。

 そして日も暮れて、昨年と同じ(いや、それ以上の)歓迎の儀式が!!!

 昨年はコロチン様が私の靴の横でネズミさん2匹をアギアギと平らげてくれたのだが、残骸もなかったので、ひょえ〜〜〜っ! と思っただけで済んだ。
 しかし今回は、な、な、なんと、家の中にお持ち帰りのネズミさんをくわえたメッシュ様がっっ!!
 しかも場所は仕事場へ通じる階段の真下。困る。非常に困る。

 困っているうちに、それを平らげたメッシュ様、その後2回に分けて○ロ○ロ・・と。
 
 うわああああ 原形をとどめたブツを吐くなよぉおおおおっ!!

 た、確か外に炭バサミがあったから、それを使って片付けよう・・・

 うっ、うおぉぉ〜〜〜〜っ! 出入り口にもネズミさんの生首が!!!
 
 この首を越えていかねば、炭バサミも取りに行けないじゃないか。

 
 がんばって片付けました。
 ホント、まぢでがんばりました。

 ・・・・・・初日から大ダメージ。
 HPもMPもゼロだすにゃ。
 さすがに食欲なし。今夜は何も食べられそうにないっす。

 しょうがないから仕事でもしよう。
 そうしよう。
 
 そして、山の夜は静かに更けていくのであった。
2005年09月17日(土) No.233 (雑記)
Comment(3)

でみ夫、快調に飛ばす


出発前日


順延


おサルのエクセル


事務処理デー


眠る


熱気


初練習


プチ熱中症


ちゃんと走ったじょ〜♪


買っちゃいました!