波浪日報

相談ごと


 本日はお日柄も良く・・って、違う・・あまりの暑さに脳味噌が熱暴走している今日このごろ(注)。

(注):実際にこれを書いているのは8月20日だったりする(ぉぃ

 日曜日は撮影で谷中に行った後、師匠に召喚されたので市ヶ谷へ。
 ちょっと聞きたいことがあると言ってたけど、いよいよ体調が悪いから病院紹介してください、なんていう相談だったらどうしよう。
 昨年あたりから妙に痩せてきているのも気がかりだ。
 そんなバッドニュースも想定し、やや緊張して行ってみれば、開口一番・・

 「びーちさん、草津温泉ってどうなんですか?」

 「あ、いや、すごくいい湯だけど・・何?」

 「今度オレ親睦会の幹事なんですよぉ」

 「はぁ? 聞きたいことってソレなのぉ??」

 「まったく、面倒な事も引き受けなきゃいけないトシになっちゃったっつーことですかねぇ」

 ・・・拍子抜け。

 結局、かなり年配の方が多いので、宴会メイン(キレイどころも有りみたいな感じの)の旅行だというので、熱海と草津どっちのお姐さんが期待できるか、とか、最近の熱海は廃墟がすごいらしいね、なんていうまったりとした話をしつつ、K市に最近できたばかりの某大型ショッピングセンターでベトナム料理をゴチになったのだった。

 だいたい、一滴も酒を飲めない私に宴会の相談をしようというのが間違ってる。
 山小屋の番人に潮目を訊くが如しだね。

 というわけで、師匠のピントのズレ具合には毎度新鮮な驚き(笑いともいう)があるけれど、ま、とりあえずバッドニュースじゃなくて吉。
2006年08月13日(日) No.416 (雑記)