波浪日報

騒動は卵の黄身から


 大型連休初日。(私の仕事に連休は関係ないけど)
 
 びー子と二人揃って朝ごはんを食べるは久しぶり。
 普段は簡単に済ませるんだけど、ベーコンエッグ+グリーンアスパラとトマトのソテーを軽くトーストした生協のパニーニ(これがうまいのです)にはさんで食べるという我が家にしては豪華な朝食を用意した。

 このメニューが、一日かかる騒動の原因になるとは露知らず・・・。

 そう、半熟の黄身がびー子のかぶりついたパニーニサンドから「たら〜り」とコタツ布団のへりに垂れてしまったのだ。

 まあしょうがない。掃除もしようと思っていたし、ついでにコタツ布団も洗っちゃおう・・というわけで、コタツ布団はナショナルの「愛妻号」につっこんだ。

 ごおん、ごおん、ごおん・・何だか重そうな音はしていたけれど、毛布洗いをする時はいつもこんなもの、と気にせずにいたら・・・・

 じーちゃんが大慌てで叫んでいる。
 
 「お〜い、み、水がぁ〜 あふれてるぞぉ〜」

 えらいこっちゃ。洗濯機の置いてある脱衣場が全面水溜り状態!!
 布団が重すぎたのか、「愛妻号」大暴れである。

 我が家の脱衣場は、何と配電盤の直上に位置している。
 以前、水漏れをしたときにショートしてメインブレーカーが落ち、仕事で入力していたデータのほぼ全部を失ったことがある。

 ダメだ。この状態では仕事ができない。
 配電盤に影響がないことを確認できるまでは、うかつにあちこちの電源入れられないぞ。

 結局、「愛妻号」の水漏れは排水ホースが折れ曲がっていたので排水が逆流したのが原因だったのだが、折れないようにセットするためには少し床からの位置を上げる必要があり、休日でメチャ混みのホームセンターに防振ゴムを買いに走ったり、洗濯途中でびしょびしょのコタツ布団を何とか干せる状態にしたり、後処理に追われた。(やっと干せると思ったら雨降ってきたし)

 加えて、じーちゃんが要らぬ茶々を入れに来ては邪魔(本人は手伝っているつもり)をするので、倍ぐらい時間がかかる。

 やれやれ、とんだことで一日ロスしてしまった。
 明日は今日の遅れを取り戻さなければ・・。
 あ、でも、撮影にも行かなきゃいけないんだ。
 うへぇ。
2006年04月29日(土) No.354 (雑記)