波浪日報

元祖日の丸軒


 夕刻からの打合せの後、撮影の仕事を終え、夜半に移動。
 途中、真夜中に近かったが遅い晩御飯をとることになった。

 上司夫妻が車を止めたのは環七沿いの摩訶不思議な店だった。
 中級ユーラシア料理「元祖日の丸軒」。
 名前からしてすでに怪しいが、そのたたずまいも十分過ぎるぐらいに怪しい。
 狭くて急な階段を二階へと上がると、70年安保時代の香り漂う、薄暗く時が止まった空間があった。
 煤けたインド風の装飾品、ひび割れたステンドグラス、いびつな感じのする手作り人形が並ぶショーケース、横尾忠則の版画の本、鈴木清順の映画のポスター、今にも落ちてきそうな天井から下がったスチール製のファン(元は3枚羽だったのだろうが、今は2枚しかついていない)。
 そして、きわめつけは店の主人のアンドレさんだ。
 白いワイシャツに黒いスラックス、細身の体に昔のかまやつひろしのようなおかっぱがちょっと長くなった黒髪、青白い顔色、ミックジャガーのような下唇・・・国籍不明、年齢不詳、正体不明を極めたら、こういう人物になるのかもしれない、と思わせるような風貌なのだ。

 久しぶりに立ち寄ったという上司夫妻の説明によると、店の内装もアンドレさんも、最初に来た時(約20年前)からまったく変わっていないという。
 店の内装はともかく、アンドレさんに関して言えば、もしそれが本当ならMIBを呼んだ方がいい。
  
 そして、「中級ユーラシア料理」のディナーの内容だが、アンドレさん自慢の一品、アラブ料理のターメイヤ(こげ茶色のコロッケ状のもので中は鮮やかな緑色、中身はニラとキャベツとそら豆らしい)をはじめ、自家製チーズと豆のカレー(かなりスパイシー)、海賊おじや(トマトベースの海鮮リゾットだが、米から炊いたのではなくごはんを煮たものなので、名前通り「おじや」の食感)、アンチョビのピザ(甘いパンのような生地は自家製らしい)を注文した。
 さすがに「中級」というだけあって、特別美味しいというわけではないが、不味いわけでもなく、どれをとっても不思議な感じの食べ物だった。
 タフな胃腸を持つ上司夫妻は、デザートに丸ごと一個の焼きりんごと丼サイズのミルクプリンを注文して平らげていたが、さすがに午前1時の晩餐ともなると、私はすでにいっぱいいっぱいで、シナモンたっぷりの焼きりんごを一口食べただけでギブアップしてしまった。

 それにしても、アンドレさんの怪しさは突出しているが、そのアンドレさんの記憶にしっかり残っていた我が上司夫妻もなかなかなものだと思う。

 「ダイジョウブ、ちゃんと覚えてまちゅよ、猫のセンセイでしゅね」

 アンドレさん、日本語の発音もちょっと怪しいのだが、はっきりとそう言っていた。

 かくいう自分も、得体の知れない人物道を極めてくださいというコメントを先月いただいたばかりである。

 お店やアンドレさんのことばかりを怪しい怪しいと言っていたが、元祖日の丸軒の深夜の晩餐、客観的に見ると客の方もかなり怪しかったのではないだろうか。
 
2005年05月13日(金) No.77 (雑記)

ダイヤルアップ接続


 ふと考える。
 インターネットに接続するようになって何年たつのだろう。

 Windows95の発売日にMacintosh Performaを買ってから10年・・・長いような短いような年月である。

 最初の一年、初めて持ったパソコンはただの箱だった。
 勤め先で仕事には使っていたものの、まだまだワープロ(シャープの書院だった)で作業する時間の方が長かった。

 二年目になってパソコン通信をはじめた。
 電話代やら通信代やら、何もわからないままハマっていき、今思えば膨大なお金と時間を使ったような気がするし、一通りのトラブルも経験したが、頼りになる師匠や友人、一生ものの趣味といえる囲碁に出会えたことを考えれば、結果大いに良し、というところであろう。

 三年目、パソコン通信のお仲間たちが、ぼちぼちインターネットのホームページ作りに移行しはじめたのを機に、自分も初めてのホームページを作った。
 その頃のデータも記念に残してあるが、レイアウトは滅茶苦茶、画像などは当時の転送速度に合わせて軽くしてあるので非常に粗い。
 でも、技術的なレベルは低くても、何だかわからないけれど、夢中で何かを伝えようとするキモチが働いていたせいか、画像にしろ文章にしろ今よりも味わいのあるものをアップできていたような気がする。

 今はパソコンに向かう時間のほとんどが、趣味ではなく仕事の時間になっているので、知識や技術は向上していくはずだが、もうあの頃のようなものは作れないだろうな、と、少し寂しく思った。

 なんちゃって、なんでこんなこと書いているのかというと・・

 ピポパポ・・ピポパパ・・RRRR・・
 ピ〜〜〜〜〜ガ〜〜〜〜〜ピ〜〜 

 明日からの出張に備えて、ダイヤルアップ接続の設定をし、接続テストのモデム音を聞いていたら、なんだか妙に懐かしくて、回想モードになってしまったという次第。
 いやはや、こっぱずかしいっすにゃ。(汗)

  
2005年05月12日(木) No.75 (雑記)

ぶっちょうづら


ショッピング


 あまりにも外に出ていないので、気分転換を兼ねて夕方から駅前まで買物に出た。

 とりあえずの目的は書類を整理するファイルなのだが、継続的に使うものはコクヨやキング事務などの国産ブランドを買うようにしている。
 いまどき100円ショップでも売っているから、国産ブランドはかなり高価な気がするが、100円ショップのファイルは同じ形のものを買い足すことが難しいので、結果として棚に並べた時に整理がつかなくなるし、製品そのものの使い勝手や耐久性にも欠ける。

 ついでに言えば私は100円ショップがあまり好きではない。
 もちろん、ものによっては利用しているのだが、何でこれが100円で買えちゃうの? と思うようなものが並んでいると、作った人のことを想像してしまうのだ。

 小さな町工場が倒産寸前に買い叩かれたのだろうな、とか、食べるものにも事欠くような貧しい国の人たちが時間をかけて手作りしたものを、タダ同然の値段で買い漁ってきたんだろうな、とか・・
 それが現在の経済のしくみにかなっていることだとしても、何となく居心地の悪い気持ちになる。

 まあ、100円ショップについて熱く語るつもりはなかったのだけど、家庭で工夫して手作りすることが、昔のように節約につながることではなく、趣味や道楽になってしまったことが、頭では理解できても、心のどこかで未だに納得できずにいるのだろう。

 2冊のファイルでそんなことを考えつつ、ドラッグストアで激安価格のボトルガムを買う。近所のスーパーで800円ぐらいするものが598円で売っている。
 いったいどうやったらこの価格で売れるんだろう?
 先日、仕事の打ち合わせで原価率やら輸送費の話をしてきたばかりなので、妙にものの値段が気にかかる。

 それから、デパ地下に入り、閉店間近で値下げになったそら豆と、アンチョビ、クラシックベーコン、今夜の献立の麻婆豆腐に使う挽肉と椎茸を購入。

 最後に娘のバイトの終わる時間まで古本屋に入って時間調整、どれも一度読んだような気がする本だが、宮沢章夫「牛への道」、ヘッセ「シッダールタ」、上田三四二「無為について」の文庫本3冊を購入。
 
 以上、いくらネタがないからとはいえ、とことんつまらない日記だなぁ。
2005年05月08日(日) No.71 (雑記)

少林寺2


少林寺


浅間山


苔玉づくり


出張の出張


ミケヨさん


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 2021 22