波浪日報

列車に乗った男


 今日は雨。
 びー子は入学式はスルーして手続きだけをしに大学へ。
 周辺のショッピングセンターなどもリサーチしてきたようで、なぜか大きな缶入りのコーヒー豆と紅茶を遠路はるばる買って帰ってきた。
 もちろん私もセレモニー全般が苦手なので入学式はスルー。
 家でいつも通り仕事をしていた。
 朗報は定期代が予想よりも少し安かったことぐらいか。

 夜、食事をしながらテレビで映画を見た。

「列車に乗った男」

 「髪結いの亭主」「橋の上の娘」などで有名なパトリス・ルコント作品。
 
 いやぁ、良かった良かった。
 年老いた大学教授役のジャン・ロシュフォール、流れ者役のジョニー・アリディ、男二人がなんと魅力的に描かれていることか!!
 もう一度、DVDなどでちゃんと見たい映画だった。

 それにしても、テレ東(BS JAPAN)の“cinemaクラッシュ”、ラインナップが渋い。
 地上波の木曜の夜にやっている映画は究極のB路線なんだけど、衛星の方は硬軟とりまぜてのマイナー路線、ハリウッド以外の作品(邦画も多い)が主流で、なかなかやるな・・という感じ。
2006年04月05日(水) No.331 (映画)

No. PASS